アプリビーツにようこそ!(マイルド編)

わんど~です。

最近になって、自分の知り合いあるいはそれに近い人達の間で「REV.にハマって耐えられなくなってiOS端末購入に踏み切ってまでアプリビーツをやりだした」という方がちらほら増えてきました。

この記事は、そんな「REV.経験者、iOS端末未所持~所持したて、アプリビーツ始めたて」という、かなりニッチな層に向けたアプリビーツ導入記事です。(元々は身内に説明するために書いていた内容を、一般公開するにあたって書き直したものになります。)

マイルド編では、マイルドな感じに「アプリビーツならではの楽しみ方」と「曲にとにかく触れるには」を主眼においた話をしていきます。

※基本的に「REV.」をプレイしている方を想定していますので、クロスビーツ全体の基本事項は省略しています。ただ、クロスビーツの遊び方(タップとかフリックとかホールドとか)さえ理解していればREV.未経験でも読める内容にはしています。

※REV.経験者であってもわからない方がいるであろう、iOS端末購入までの色々な部分や、プレチケセール&iTunesコードについてなど、ゲーム外だが基本的な部分については、番外編記事「ドケチだってビーツしたい!」で触れます。

目次

  • アプリビーツにようこそ!
    • REV.とのアカウント連動について
  • REV.との違いについて
  • で、何すればいいの?
  • なんか具体的に何したらいいか教えて
    • ミッションに挑んでみる
    • ミッションに挑んでみる(期間限定ミッション)
    • イベントに参加してみる
    • RankPointを上げる
    • 期間限定RP対象曲をやり込む
  • いろんな曲を遊びたい!
    • シェアソングから遊ぶ
    • デイリーミュージックから遊ぶ
    • イベント課題曲を遊ぶ
    • イベント課題曲を遊ぶ(特別な曲について)
  • 終わりに
  • 参考サイト

■アプリビーツにようこそ!

アプリビーツにはいわゆるリセマラ行為の必要性はほぼないため、アプリビーツでアカウントを作り一通りチュートリアルを終えた時点でそのアカウントをこれから使用するアカウントにしてしまって大丈夫です。

□REV.とのアカウント連動について

※REV.未プレイの場合は読み飛ばしてしまっても構いません。

※先にアプリビーツのアカウントを作って、後からREV.のプレイヤーデータを作った場合でも連動は問題なく行えます。

アカウント作成が終わったらまずは「REV.」とのアカウント連動をしてしまいましょう。画面右上「MENU」を押し、今度は画面左下「REV.MY DATA」(アカウント連動ページはこちら)を押し、REV.のアカウント連動ページへと進みます。そこでREV.のプレイヤーサイトへログインを行うことで連動が完了し、今アプリビーツでログインしているアカウントと、ログインを行ったREV.のアカウントがひも付けされます。

ただし、REV.とアプリビーツのアカウント連動は1:1であり、連動の変更や解除が出来ません。つまり複数のREV.のプレーデータ(サブカード)や、 複数のアプリビーツのアカウントがある場合は、それらの組み合わせをよく考えてから決めてください。特に事情がない場合はメインアカウント同士、サブアカ ウント同士を連動させるのが無難でしょう。もちろん、サブアカウントなど持っていない場合は何も考えずにアカウント連動を行ってしまってOKです。

連動させた後にアプリビーツに戻ると、ミッション(後述)のNo.202「crossbeats REV. と連動する」の達成条件を満たすので、「プレミアムチケット」が30枚貰えます。(もらえない場合はMUSIC PLAYで1曲クリアしてリザルト画面を出せば反映されて達成になるはず)

連動をすることで、今後REV.のプレイで獲得できるミュージックエナジーが無駄にならずに済みます。既に250ME溜まっているのであれば、もう一度REV.連動ページを開き、MENU>ミュージックエナジーから変換を行ってしまいましょう。プレミアムチケットが10枚貰え、50ME残るはずです。MEは250までたまり、100MEで5枚となります。250まで溜まったら忘れずに変換を行っておきましょう。

ちなみにこの変換、連動が済んだ後であればパソコンのブラウザ等からREV.のユーザーページにアクセスしても変換を行うことが出来ます。アプリビーツを起動せずとも変換が行えるので、特にREV.を連続してプレイする場合に活躍します。

■REV.との違いについて

アカウント作成、チュートリアル、(そしてREV.アカウント連動)を一通り終えると、これ以降はプレイヤーは自由にプレイを楽しむことが出来ます。REV.をある程度遊んでいる場合、MUSIC PLAYやクロスビーツの基本的な遊び方は既知だと思いますので、REV.との代表的な違う点について一部挙げておきます。詳細はアプリ内ヘルプ等を参照してください。

  • Challengeモードが存在しない。
    • クラスも存在せず、プレイヤーの腕前の指標はランクポイントのみ。
  • 一般対象曲以外のランクポイントの構成の仕組みが異なる。
    • REV.は「チャレンジRP+一般対象曲20曲+UNLボーナス値」
    • アプリビーツは「期間限定RP対象曲+一般対象曲20曲」
    • ミュージックRP:」(曲別RP)の計算方法自体は同じ。ただしクリアレートは整数部分のみの反映。
  • プレイヤーは初期状態で「ULTIMATE MODE」が使用できる。
    • RP1.2倍、Super以下でゲージが減るなど大まかな点はREV.と同じ。
    • 反面、「SURVIVAL MODE」はアプリビーツには存在しない。
  • レベルリミット開放やUNLIMITED譜面解禁と異なるシステムがある
    • 「アンロックチャレンジ」がREV.のこれら2種に相当する。
    • 未解禁(アプリビーツでは「未解錠」とも言われる。後述)の状態ではRP対象にならない点は同じ。
  • UNLIMITED譜面、EASY譜面が全曲に存在しない。
  • Lv数値や譜面がREV.と異なる曲がある。
  • リトライ機能、途中終了機能がある
    • リトライ機能はチケットの割引がある(2~4枚で再プレイ可能)
    • 途中終了では成績の保存やチケットの返却などは一切ない(警告が出る)
  • プレイ画面を含めた見た目の大きな変更ができる
    • ノーツの見た目の変更も兼ねているため、初期スキンが見づらい場合は色々と変えてみるのも手。
    • (個人的におすすめなのは、通常ミッション 5-2「いずれかの曲でスコアを20000以上獲得する」で手に入る「ゲームスキン No.1」)

■で、何すればいいの?

とりあえずはMUSIC PLAYで2曲遊んでみてください…といっても、REV.をやっているのであれば、あの楽しさがアプリで、ゲームセンター以外で味わえることがすぐに分かるかと思います。

基本的に「自分の腕前を磨く・RPを上げる」「イベントに参加してスコアアタックなどでしのぎを削る」「各種イベントで入手出来る曲を所持・コレクションする」と、REV.と少々形は違えど同じような楽しみ方が、ゲームセンター以外でも味わえるのがアプリビーツの魅力です。また、Twitter(ハッシュタグ #クロスビーツ)や、アプリビーツに内臓もされているチャット機能「Lobi」を通じて、ユーザー同士の交流が盛んに行われているのも、このゲームの面白いところです。

とはいえ、クロスビーツそのものや音楽ゲームそのものに不慣れな始めたての頃は、イベントや周囲をあまり気にせず、じっくりと楽しんだ方が面白く感じると思います。まずは自分の感覚でこのゲームに触れてみて、そこから、自身の感覚に応じてプレイスタイルを決めてみてください。

■なんか具体的に何したらいいか教えて

いくつかの遊び方があるので紹介しますが、これにとらわれず「好きな曲をひたすら粘着」「REV.の練習と割り切る」などでもおおありだと思います。繰り返しになりますが、最初は深く考えずにプレーをしてみて、その内自分の中に生まれた欲求や感情で、その後の遊び方を決めていけば良いかと思います。

□ミッションに挑んでみる

REV.にも同じような要素こそありますが、アプリビーツでは明確に楽しむ方法の1つとして確立されているものに「ミッション」があります。

「ミッション」というと任務やクエスト、といった単語と同義に感じるかもしれませんが、アプリビーツにおける実際のミッションをいくつか例に挙げると、

「MUSICPLAYで2譜面以上クリアする」
「ランクポイントを600以上にする」
「いずれかの曲でスコアを20000以上獲得する」
「フレンドを登録する」
「アンロックチャレンジを4譜面以上で達成する」
「crossbeats REV. と連動する」

このように、どちらかといえば「実績」「トロフィー」といったニュアンスの方がわかりやすいかもしれません。

曲のクリア時などに、条件を達成したミッションに対応した報酬(リンクエナジー、サポートポイント、プレミアムチケット、楽曲、スキン 等)が貰えます。ミッションをクリアするにあたって受注などの特別な操作は不要なので、気がついたら2,3個のミッションを一度にクリアした、という事もあるでしょう。その場合、1度のプレイで達成したミッションすべての報酬を受け取ることが出来ます。

初めのうちは曲をクリアする度に何らかのミッションを達成し、その結果プレミアムチケットやリンクエナジーどを複数もらうといった事に遭遇するでしょう。ガシガシ使ってしまっても構わないのですが、ミッションからの報酬は多くありません。購入分やREV.連動でのプレミアムチケットが手元にない場合は、ひとまず休憩して貰った分を温存するするのも選択肢の1つです。

アプリビーツにおけるミッションは、先述したとおり「実績」「トロフィー」の側面もあります。「MENU」>「ミッション」より、いま出現しているミッションの一覧や、達成条件や達成時の報酬などが確認できるので、ここから達成出来そうなものを探してみたり、目標になりそうなものを見つけると、これからのモチベーションの維持に一役買ってくれるでしょう。

□ミッションに挑んでみる(期間限定ミッション)

 ◆ クリア条件を発見し、ミッションを達成することで、次のミッションに進みます。
クリア条件はすべて「ある曲をある条件でクリアすること」です。
◆ 時には「?」で隠されたミッションも出現します。
◆ 1曲のクリアでは達成できないミッション、つまり「1ミッション=1曲」でない場合もあります。
こまめに「ミッション」ページの達成率(%)を確認して進捗度をチェックしよう。
◆ 【期間限定ミッション】の確認は、ミッション画面右上の「FILTER」ボタンが便利です。
(FILTERの設定を「SPECIAL」にすることで、期間限定ミッションの絞り込みが行えます。)
◆ スキンの変更は「MENU→カスタマイズ」から行うことができます。

◆「節分キャンペーン(No.123-xx)」の限定ミッションとその対象曲は、2016/1/6時点の収録曲等に合わせて調整されています。
◆ 同じスキンを2つ以上所持することはできません。
◆ 同じミッションを再度達成することはできません。

※公式サイトの限定ミッション紹介文より引用

ミッションの中には、先述した達成までの期限が定められていないもの(「通常ミッション」や「恒常ミッション」と呼ばれています)とは別のミッション群が用意されている時があります。それが「期間限定ミッション」と呼ばれるものです。通常ミッションが「実績」の面を持ち合わせているとすると、期間限定ミッションは「謎解き」「宝探し」といった方面の趣を持っています。(REV.でユーザーアイコンを動的に探したことの有る方は、それを思い浮かべてもらえればイメージし易いかもしれません。)

期間限定ミッションとは、アプリ内NEWSなどで「節分キャンペーン」「夏祭キャンペーン」と題されたものが該当します。そのキャンペーン期間中でしかクリアすることが出来ない上に、ミッションのクリア条件も隠されて居ることも多いのですが、クリア条件は謎解きあるいはとんち、あるいは「旬のネタ」にちなんだものがおおく、限定ミッション公開中はこれらのクリアを目指す人達の間で活発な情報交換がなされています。(他のゲームでいえば、IIDXの「LEGEND CROSS」のような謎解きイベントを想像してもらえれば。)

始めたてのうちは、ミッションのクリアに必要な曲が自力ではプレイできない場合がほとんどですが、ミッションのクリアにはシェアソング(後述/REV.でいうロカマチで自分が未解禁mのものをプレイさせてもらう事に相当)も可となっています。特に期間限定ミッションは様々な曲をプレイすることになりますので、積極的にフレンドにシェアソングをお願いしてみると良いでしょう。

なお、期間限定ミッションの中には、後年「リバイバル」などと題して、同じ報酬が手に入る期間限定ミッションが再設されることもあります。執筆時点では、2015年度初出の限定ミッション「節分キャンペーン」が、1年後の2016年の同じ時期に再度「節分キャンペーン リバイバル」として登場しています。

これからアプリビーツを始めた場合でも時期によっては十分過去の限定アイテムを入手出来るので、アプリ内NEWSはしっかりチェックしておくと良いでしょう。

□イベントに参加してみる

STANDARD譜面を遊ぶだけなら気軽に、自分の持っていない曲ですら遊ぶことが出来ます。(詳細は後述)

□RankPointを上げる

所持曲が少ないうちは手持ちの曲を色々と触ってみることで自然と伸びていくでしょう。所持曲が増えてからは、REV.と同じように、Lvの高い曲を高クリアレートでクリアしたり、ULTゲージでクリアすることで伸ばすことが出来ます。

ある程度の壁がいくつかあり、そこに突き当たってしまうとなかなか伸びないのがランクポイントというものなのですが、気長に、ゆっくりと伸ばしていくとちょうどいい塩梅なのかなと思います。

□期間限定RP対象曲をやり込む

2016/1/1(金) 4:00に、「今月のRPボーナス曲」が変更されました。
1月のRPボーナス曲は、以下の5曲です。

◆ Otherside / Taishi
◆ Landing on the moon / SIMON
◆ 雨の音が虹を呼ぶ / Barbarian On The Groove feat.霜月はるか
◆ 逆転裁判 (綾里真宵 ~逆転姉妹のテーマ) / Remixed by OSTER project
◆ Binary Overdrive / フラット3rd

尚、RP(ランクポイント)は「上位20曲+今月のRPボーナス曲」のスコアから計算されるため、変更に伴いRPが上下する事があります。

※RP(ランクポイント)についての説明は、アプリ内、
「ヘルプ→その他の説明→RANK POINT」に記載しています。
※自分のランクポイント(RP)データの詳細は、アプリ内、
「プロフィール→RP LIST」から確認できます。

「今月のRPボーナス曲」が変更されました (2016.01) より引用

アプリビーツではCHALLENGEモードやUNL譜面の代わりに、毎月「今月のRPボーナス対象曲」(「期間限定RP対象曲」とも)が設定されています。これに設定された曲は、一般対象曲とは別に集計され、RPに加えられます。

月替りで設定される公式からの目標ともいえます。手持ちの所持曲に設定されている楽曲があれば、是非プレイしてみることをおすすめします。低難易度帯でも、いい曲やいい譜面はいっぱいありますよ?

■いろんな曲を遊びたい!

REV.と異なり、アプリビーツでは収録曲の多くがイベントの報酬として入手する形になっています。そんな過去の報酬曲たちを「今すぐ所持したい!」というのは難しいのですが、裏を返せば「じっくりプレイすることで所持曲がイベントの報酬でどんどん増えていく」のです。

さて、アプリビーツでは自力での曲の入手をしている事を「所持している」といいます。「MENU」>「コレクション」の一覧が、自分が所持している曲の一覧です。

所持していれば(アンロックチャレンジをする必要こそあったりする場合もありますが、)基本的にはいつでも遊べる曲です。しかし、始めたての頃は所持曲がとても少ないので、すぐに他の曲を遊びたい!という思いに駆られると思います。

REV.では、自分が未解禁(アプリビーツにおける「未所持」)であっても、ローカルプレイで解禁済みの人と一緒に遊べばプレイ自体は出来ます。これに相当する「未所持でもプレイ自体は出来る」という仕組みが、アプリビーツには複数用意されています。

なお、所持曲を増やす方法については「シビア編」で触れます。

□シェアソングから遊ぶ

「MUSIC PLAY」の選曲画面の中にあるピンク色の「SHARESONGに切り替え」を押すと、選曲画面の一覧が「SHARESONG LIST」に切り替わります。

この状態の選曲画面には「自分のフレンドが入手し、設定したシェアソング」つまりフレンドから共有された楽曲が並んでいます。この状態の楽曲は、自身が未所持であっても遊ぶことが出来ます。初めのうちは自分の気に入った楽曲を、所持曲が増えてきたら入手が難しい曲も、それぞれ設定してみると良いでしょう。

なお、シェアソングからの選曲には「リンクエナジー」を消費します。リンクエナジーは主にログインボーナスやミッションで入手できます。同じフレンドのシェアソングをプレイする度に必要量は増加しますが、毎日AM4:00に増加量はリセットされるため、1日に数度程度であればほぼ消費量は気にせず遊ぶことが出来ます。自分の周りにアプリビーツを既に遊んでいる人がいれば、フレンドをお願いしてみたり、TwitterやLobiでフレンドを募集してみるといいでしょう。

なおイベントの種類によっては、シェアソングからの選曲を行うことでイベントを有利にすすめることも出来ます。イベントポイントが多く溜まったり、自分の未所持曲を要求される限定ミッションをクリアしたりと、ただ未所持曲を遊ぶ以外にも色々活用する事の多い機能です。

イベント期間中コアユーザーが全員同じ曲を設定している為に、シェアソング一覧を開いたら同じ曲ばかりでぎょっとした、というのは、アプリビーツにおいては一種の風物詩かもしれません。

□デイリーミュージックから遊ぶ

 ◆ DAYLY MUSICをプレイするには、MUSIC PLAY内の「DAILY MUSIC 今日の特別楽曲」アイコンをタップしてください。
◆ DAYLY MUSIC内の楽曲は、毎日4:00に切り替わります。
◆ その他、DAYLY MUSICの詳細は「MENU→ヘルプ→その他の説明→デイリーミュージック」をご確認ください。

キャンペーン「BABYMETAL×DAILY MUSIC」開催! より引用

「MUSIC PLAY」の選曲画面の中にある青紫色の「DAILY MUSIC 今日の特別楽曲」を押すと、選曲画面の一覧が「DAILY MUSIC LIST」に切り替わります。

このリストの曲は日替わり(AM4:00で切り替え)で、毎日様々な曲を遊ぶことが出来ます。基本的には36曲がローテーションで出現していますが、キャンペーン中はそれ以外の曲が選出されていることもあります。(過去の例:キャンペーン「BABYMETAL×DAILY MUSIC」開催!

自分が未所持でもプレイできるのはシェアソングと同じですが、デイリーミュージックはシェアソングと異なり、リンクエナジーを消費しません。チケット消費も通常通りなので、始めたてのうちは毎日デイリーミュージックを覗いてみて、プレビューに興味が湧けばプレイすることをおすすめします。

□イベント課題曲を遊ぶ

 ※課題曲はイベント期間中全員に出現&プレイすることができます。

  • 誘惑 / GLAY
  • Winter,again / GLAY
  • ギミチョコ!! / BABYMETAL
  • ヘドバンギャー!! / BABYMETAL
  • Flowerwall / 米津玄師

個人戦「NEW YEARフェスティバル2016」開催! より引用

オンラインイベントの期間中では、イベント課題曲はアプリビーツプレイヤー全員の「MUSIC PLAY」に出現するので、たとえ未所持の曲があってもプレイすることが出来ます。記事執筆時点で開催中の個人戦「NEW YEARフェスティバル2016」では、「誘惑」「Winter,again」「ギミチョコ!!」「ヘドバンギャー!!」「Flowerall」の5曲がそれに該当し、イベント課題期間中は全員がこの5曲を無条件でプレイすることが出来ます。

ただし、この方法には2つ欠点があります。

  • 自分が未所持曲である課題曲については、MUSIC PLAYに出現こそするものの、HARD譜面、MASTER譜面の消費チケットがそれぞれ+1,+2されるというデメリットがあります、
  • 所持曲であっても、イベント開始までにアンロックチャレンジを完了させていない譜面(未解錠である譜面)については、未所持の場合と同じようにチケット消費量が増加します。

なお、未所持、未解錠、どちらの場合でもSTANDARD譜面は例外で、消費チケットの増加はありません。

また、シェアソングからイベント課題曲を選曲した場合はHARD譜面、MASTER譜面であってもチケット消費量の増加を回避することが出来ます。リンクエナジーの消費こそあるものの、先述したように「イベントを有利にすすめることも出来る」と合わせて、見逃せないポイントです。

□イベント課題曲を遊ぶ(特別な曲について)

※課題曲はイベント期間中全員に出現&プレイすることができます。

  • Virtual Reality Controller / フラット3rd
  • starting station / happy machine
  • Impact / Tatsh
  • YUKARI / Ocelot 【限定出現曲★】

★「YUKARI」は、プレイ時にチケット消費数は増加しません。

個人戦「CROSS×BEATS 2周年記念!ATTACK THE MUSIC特集」開催!

※課題曲は、期間中全員に出現&プレイすることができます。

(中略)

Section2

  • Touch Of Gold / Togo Project feat. Frances Maya
  • Bi-Zon Zon Zombi / MC Natsack
  • Senpai Slam / 千π 【先行出現曲★】

★「Senpai Slam」は、先行出現時のみの専用譜面を遊ぶことができます。 またプレイ時にチケット消費数は増加しません。

第7回 チーム戦「クリスマス杯2015」開催!

イベント課題曲の中には、まれに「過去に所持出来る機会があったが、当時の所持難易度がとても高かった曲」や「イベント開催時に初公開となる完全な新曲」が設定されることが有ります。

前者は「限定出現曲」後者は「先行出現曲」と呼ばれ、これらは自分が未所持であっても、例外としてチケット消費の増加は発生しません。とても珍しい楽曲がプレイできるまたとない機会ですので、是非プレイしておきましょう。

■終わりに

マイルド編では、アプリビーツにより興味を持ってもらえるための、効率などをあまり重視しない、さっくりとした部分について触れてみましたが、いかがでしょうか。これを気に、REV.とはまたひと味違ったいろんな曲に触れ、新しい発見となれば幸いです。

次の記事では「曲を所持する」「イベントに参加する」「アンロックチャレンジ」「ランクポイントを上げる」等、少し腕前を要求されたり、腕前を上げる事に関連した内容に触れたいと思います。

マイルド編とは少し毛色が変わりますので、よりアプリビーツにハマった方に向けた内容、という意味を込めて「シビア編」と付けさせて頂きます。気が向いた方はお付き合い下さい。

■参考サイト

  • CAPCOM:CROSSxBEATS 運営サイト – http://game.capcom.com/crossbeats/
    • カプコン公式の運営サイト。
    • アプリ内NEWSとほぼ同じ内容の告知がWeb上にも掲載されている他、各種イベントのランキングもこちらで公開されている。
    • ユーザーIDが分かれば過去のイベントに遡って成績を参照することも。
    • イベント関連以外のプレイヤーデータの参照には残念ながら非対応。
  • CROSS×BEATS(@CROSSxBEATS)さん | Twitter – https://twitter.com/crossxbeats
    • カプコンが運営するCROSS×BEATSの公式Twitterアカウント。
    • アプリビーツの最新情報(イベントの告知やメンテナンス情報など)を発信している。
    • 期間中はそこそこの頻度で期限をお知らせしてくれているので、ありがたくフォローしておこう。
  • ハッシュタグ #クロスビーツ – https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%84
    • アプリビーツを中心としたハッシュタグ。
    • 現在ではREV.の話題も含む、クロスビーツ総合ハッシュタグとなっている。
      • REV.特化のハッシュタグは「#cbREV」
  • 【iOS】 CROSS×BEATS クロスビーツ 攻略wiki – http://crossxbeats.wiki.fc2.com/
    • 非公式の攻略wiki、その赤い方。通称赤wiki。
    • 不特定多数によって更新されている。
    • 限定ミッションの攻略や楽曲攻略など、ユーザ間で生まれたノウハウを中心に取り扱っている傾向にある。
  • CROSS×BEATS – MapWiki  – http://wiki.maplia.jp/?CROSS%C3%97BEATS
    • 非公式の攻略wiki、その緑色の方。通称緑wiki。
    • こちらは主に個人での更新。
    • イベントのランキングやポイントボーダー、メンテナンス時の更新内容、もうすぐ入手できる楽曲など、公式の情報を元にした内容を中心にまとめている。
  • クロスビーツ非公式リーグ戦運営ブログ – http://cross-beats-league.blog.jp/
    • 非公式の個人ブログ。
    • 現在ではアプリビーツ、REV.、公式情報、非公式情報(REV.の店舗大会やフリープレイ情報、アプリビーツの非公式スコアタ等)をまとめた「クロビニュース」を中心に更新されている。
    • 管理人さん主催の非公式オンラインイベントが開催されることも。

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中